WMFファイル/EPSファイル形式に関して
ダウンロードファイル形式について
「Print out Factory」では お客様の環境に合わせて、2つのファイル形式を用意しています。下記をお読みになって、適切なファイルをダウンロードしてお使いください。

【WMF形式ファイル】 (ウインドウズメタファイル) (拡張子.wmf) ファイルのご利用手順はこちら
【特徴】
WMFファイル形式は、「Windows Meta File」の略でメタファイルとも呼ばれます。Windowsの標準的な「ベクタデータ 」で、Windows多くのワープロソフトやグラフィックソフトで読むことができます。

→規格自体が古いので、EPSに比べると画質は劣ります。(EPSのほうが円弧等がスムーズ)
【編集】
変形、色変更等の編集は、Windowsのほとんどの「ドローツール」で可能です。

【EPS形式ファイル】 (イーピーエスファイル) (拡張子.eps)
【特徴】
EPSファイル形式は、「Encapsulated PostScript」の略で、PostScriptのデータをソフトウェア間でやり取りする「ベクタデータ 」です。画面上や、プリンタなどで同じファイルを正しく表示する事ができるので、DTPの分野で多用されています。

【編集】
変形、色変更等の編集は、Adobe IllustratorやMacromedia FreehandやCorel DRAWなどのグラフィックソフトが必要です。


※ベクタデータとは?

ベクタデータとは、点と点とを結ぶ線分の長さと方向、座標、線分の太さ、色などの属性情報を持たせたデータのことをいいます。
拡大しても、ビットマップのように「ぎざぎざ」にならず鮮明な画像を得ることができます。